• 本

Fate/Apocrypha Vol.2

黒の輪舞/赤の祭典

角川文庫 ひ31−2

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-04-108535-6
4-04-108535-7
税込価格 1,012円
頁数・縦 465P 図版20P 15cm
シリーズ名 Fate/Apocrypha

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ジークフリート消滅という衝撃も覚めぬまま、“黒”の陣営はヴラド三世、ケイローン、アストルフォ、フランケンシュタイン、アヴィケブロン、そして“赤”の陣営から奪ったバーサーカー・スパルタクス達で“赤”の陣営に立ち向かう。一方、アタランテ、カルナ、ライダー、シェイクスピア、セミラミスの“赤”陣営は宝具「虚栄の空中庭園」で空から急襲。激闘が勃発する。そして運命は“竜殺し”を戦場へと帰還させた―。

おすすめコメント

“黒”と“赤”の軍勢、遂に全面対決――!“黒”のセイバー消滅という衝撃も覚めやらぬまま、“黒”と“赤”の陣営は次なる戦いへと突入。戦場に集う両陣営、十三騎の英霊。ルーマニアの地にて、過去最大規模の“聖杯大戦”の戦端が開かれる

著者紹介

東出 祐一郎 (ヒガシデ ユウイチロウ)  
小説家、シナリオライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)