• 本

アメリカが面白くなる映画50本

出版社名 新日本出版社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-406-06395-1
4-406-06395-1
税込価格 2,310円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

要旨

気になる話題、意外な素顔、みんな映画が教えてくれる。

目次

第1章 アメリカ人のルーツ(「ダンス・ウィズ・ウルブズ」―ネイティブ・アメリカンの立場に立つ
「ジェロニモ」―ネイティブ・アメリカンの視点に一歩近づく ほか)
第2章 根深い社会問題(「クラッシュ」―人種カオス都市・ロサンゼルスの病理
「白いカラス」―アメリカ社会に潜む差別の深層 ほか)
第3章 地域社会と人々(「ミルドレッド」―中年女性の転機と再出発
「ブロンクス物語」―少年が生きた二つの社会 ほか)
第4章 文化、スポーツ、メディア(「ライ麦畑で出会ったら」―永遠の青春小説へのオマージュ
「バックコーラスの歌姫たち」―バックシンガーとソロシンガーの距離 ほか)
第5章 政治、統治、権力批判(「ザ・シークレットマン」―大統領の犯罪を内部告発
「声をかくす人」―なぜ戦時に法は沈黙したか ほか)

おすすめコメント

アメリカを描いた面白い映画はいかが?アメリカ人のルーツや宗教、地域に生きる人々の姿、スポーツ・音楽、メディア、先住民との関係、人種差別や「銃社会」、不法移民など根深い問題……「グリーンブック」などヒット作から、地味ながら味わい深い作品まで、私たちに身近な超大国の抱えるものの深さと懐の深さを伝えます。

著者紹介

村瀬 広 (ムラセ ヒロシ)  
1944年山形県鶴岡市生まれ。映画評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)