• 本

三毛猫ホームズの裁きの日

KAPPA NOVELS

出版社名 光文社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-334-07742-6
4-334-07742-0
税込価格 1,012円
頁数・縦 269P 18cm

商品内容

要旨

片山たちは目の前で起きた一家心中から浜中美咲という少女を助け出すも、美咲は姿をくらませてしまう。美咲の父は“B食品”に勤めていたが、会社の不正を告発した結果、裏切り者として報復を受けていた。その頃、美咲の父を追い込んだ元上司・室田雄作の不倫相手が死体となって発見され、雄作は逃亡を始める。さらに女優の刈谷京香は記憶を失ったという美咲と出会うのだが…。片山とホームズが辿り着く真実とは!?国民的シリーズ第53弾!

おすすめコメント

目の前で起きた一家心中から浜中美咲という少女だけを何とか救った片山たちだが、いつの間にか少女は姿をくらませてしまう。さらに美咲の父を追い込んだ〈B食品〉の元上司・室田雄作の不倫相手、沼田晴江が死体となって発見される。一方、〈B食品〉の草間は、<ミッチ>という謎の女に嵌められ、薬物所持の疑いで警察に連行される。その頃、女優の刈谷京香は記憶をなくした美咲を十年前に亡くなった娘の恵だと信じ込み連れ去るも、草間の手によって奪われる。そこに亡くなったと思われていた美咲の母・咲子が現れ、草間と争いになり、草間の拳銃で咲子は撃たれるも、片山たちによって草間は捕まり、事件は終息していくかに見えたが……。国民的ベストレセラーの第53作目!

著者紹介

赤川 次郎 (アカガワ ジロウ)  
1948年、福岡県生まれ。『幽霊列車』で第15回オール讀物推理小説新人賞、『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞を受賞。2005年には、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。’16年、『東京零年』で吉川英治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)