• 本

暗約領域

新宿鮫 11

出版社名 光文社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-334-91317-5
4-334-91317-2
税込価格 1,980円
頁数・縦 709P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 暗約領域

    帰ってきた「新宿鮫」!鮫島と出会ってハードボイルドの世界に飛び込んだ男性諸氏も少なくないだろう。まさに警察小説の代表シリーズであり、金字塔である。鮫島を囲むメンバーもかわりつつも、魅力あるキャラにイメージがふくらむ。700ページを超える大作全編に、隙間なく漂う痺れ感。大沢ワールドここにありである。今作を読んで、本棚に並んだ既刊のシリーズを懐かしく読み返す読者の姿が目に浮かびます。

    (2019年12月10日)

商品内容

要旨

信頼する上司・桃井が死に、恋人・晶と別れた新宿署生活安全課の刑事・鮫島は、孤独の中、捜査に没入していた。北新宿のヤミ民泊で男の銃殺死体を発見した鮫島に新上司・阿坂景子は、単独捜査をやめ、新人刑事・矢崎と組むことを命じる。一方、国際的犯罪者・陸永昌は、友人の死を知って来日する。友人とは、ヤミ民泊で殺された男だった―。冒頭から一気に読者を引き込む展開、脇役まで魅力的なキャラクター造形、痺れるセリフ、感動的なエピソードを注ぎ込んだ、八年ぶりのシリーズ最新作は、著者のミステリー&エンターテインメント作家としての最高到達点となった!

おすすめコメント

新宿署生活安全課の刑事・鮫島は、北新宿のヤミ民泊・KSJマンションで「華恵新」と名乗っていた銃殺死体を発見した。新上司・阿坂景子の命で新人・田崎と組み、捜査を続けるが、公安部が「事件」を刑事部から奪い、捜査本部は解散した。鮫島と田崎は、公安が絡んでいた可能性に辿り着く。一方、タイにいる国際的犯罪者・陸永昌は、日本にいる幼なじみが殺されたことを知り、日本に向かう。その幼なじみとは、「華恵新」だった。鮫島の捜査と、永昌の動きが少しずつ交錯していくが、事件の背後には公安の密動が蠢き、さらに美貌の悪女が絡みついていた。

著者紹介

大沢 在昌 (オオサワ アリマサ)  
1956年生まれ。愛知県名古屋市出身。慶應義塾大学中退。1979年、第1回小説推理新人賞を「感傷の街角」で受賞し、デビュー。’86年「深夜曲馬団」で日本冒険小説協会大賞最優秀短編賞受賞。’91年『新宿鮫』で第12回吉川英治文学新人賞と第44回日本推理作家協会賞長編部門受賞。以後「新宿鮫」シリーズは『毒猿』『屍蘭』『無間人形』(’94年第110回直木賞受賞作)『炎蛹』『氷舞』『灰夜』『風化水脈』『狼花』(2006年日本冒険小説協会大賞)『絆回廊』(’12年日本冒険小説協会大賞)が刊行される。他、受賞歴に2001年『心では重すぎる』、’02年『闇先案内人』で日本冒険小説協会大賞を連続受賞。’04年『パンドラ・アイランド』で第17回柴田錬三郎賞受賞。’10年第14回日本ミステリー文学大賞受賞。’14年『海と月の迷路』で第48回吉川英治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)