• 本

恥ずかしながら、詩歌が好きです 近現代詩を味わい、学ぶ

光文社新書 1036

出版社名 光文社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-334-04444-2
4-334-04444-1
税込価格 1,034円
頁数・縦 332P 18cm

商品内容

要旨

今どき「詩歌が好きです」と告白するのはかなり恥ずかしい。勇気がいります。殊におじさんにとってはカミングアウトに近い。しかし、詩を口ずさみたくなるのは若者だけではないのです。歳を重ねているからこそ、若々しい詩も、達観した歌も、共にわがこととして胸に沁みるのではないか―。評論家として数々の受賞歴もある著者が、ついに詩歌好きをカミングアウト。近現代詩歌を時代順に引きながら、喜びや悲しみを、詩人たちの実人生と共にしみじみと味わいます。現代日本語や時代を作ってきた詩人たちの心のやりとり、生き様に注目!

目次

第1章 大食いは師友の絆―正岡子規、伊藤左千夫、長塚節
第2章 日清・日露の戦争詩―与謝野鉄幹、夏目漱石、森鴎外、大塚楠緒子、与謝野晶子、乃木希典
第3章 江戸趣味と西洋憧憬―上田敏、北原白秋、木下杢太郎、佐藤春夫、萩原朔太郎
第4章 酒のつまみは何ですか―吉井勇、若山牧水、中村憲吉、萩原朔太郎、中原中也
第5章 詩歌と革命―石川啄木、百田宗治、萩原恭次郎、小熊秀雄
第6章 恋する詩人たち―与謝野鉄幹、与謝野晶子、北原白秋、片山廣子、芥川龍之介
第7章 犯罪幻想(ミステリ)と宇宙記号(SF)の世界―萩原朔太郎、高村光太郎、山村暮鳥、千家元麿、三好達治、佐藤惣之助
第8章 抒情派の季節、あるいはロマネスクすぎる詩人たち―中原中也、立原道造、堀辰雄
第9章 直情の戦争詩歌、哀切の追悼詩歌―北原白秋、三好達治、高村光太郎、折口信夫
第10章 戦中戦後食糧事情―斎藤茂吉、山之口貘、片山廣子

おすすめコメント

いまどき「詩歌が好きです」と告白するのはかなり恥ずかしい。おじさんにとってはカミングアウトに近い。しかしそういう悲哀を何かにつけ感じているからこそ、おじさんにも詩歌がしみるのかもしれない。詩は哀しい。心の中ではセカイの命運を握り、万能的に真理や歴史や永遠とコミットしているのに、何だか世間からは疎外されている。でも五十年、百年と経ってみれば詩人たちの言葉だけが後世の人々の知る現実と成り代わる。評論家として数々の受賞歴のある著者が、詩歌好きをカミングアウト。近代詩歌を時代順に引きながら、喜びや悲しみを詩人たちの実人生と共にしみじみと味わう。

著者紹介

長山 靖生 (ナガヤマ ヤスオ)  
1962年茨城県生まれ。評論家。歯学博士。鶴見大学歯学部卒業。歯科医のかたわら、執筆活動を行なう。主に明治から戦前までの文芸作品や科学者などの著作を、新たな視点で読み直す論評を一貫して行なっている。’96年、『偽史冒険世界』(筑摩書房)で第10回大衆文学研究賞受賞。2010年、『日本SF精神史』(河出ブックス)で第41回星雲賞、第31回日本SF大賞を受賞。’19年、『日本SF精神史 完全版』(河出書房新社)で第72回日本推理作家協会賞(評論・研究部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)