• 本

悲しみの秘義

文春文庫 わ24−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-16-791414-1
4-16-791414-X
税込価格 803円
頁数・縦 235P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • こんな時代だからこそ

    どんな微細な光をも捉える 眼を養うためのくらやみ

    人生には悲しみの扉を通じてしか見ることのできない地平がある。悲痛の経験には終わらず、哀憐の哀しみとなり、悲愛の発見となる愛しみとなり、悲しみのなかに咲く美しい花に出合う美しみとなる。もしあなたが今、このうえなく大切な何かを失って、暗闇のなかにいるとしたら、この本をおすすめしたい。

    (2021年2月7日)

商品内容

要旨

人生には悲しみを通じてしか開かない扉がある。宮沢賢治、須賀敦子、神谷美恵子、リルケ、プラトン―名著に記された言葉をひとつひとつ掘り下げ、著者自らが味わってきた深い悲しみの意味を探し求めた26の美しい文章。大切なものを喪い暗闇の中にいる人に、静かに寄り添う書。文庫化に際し「死者の季節」増補。

目次

悲しみの秘義
見えないことの確かさ
低くて濃密な場所
底知れぬ「無知」
眠れない夜の対話
彼方の世界へ届く歌
勇気とは何か
原民喜の小さな手帳
師について
覚悟の発見
別離ではない
語り得ない彫刻
この世にいること
花の供養に
信頼のまなざし
君ぞかなしき
模写などできない
孤独をつかむ
書けない履歴書
一対一
詩は魂の歌
悲しい花
彼女
色なき色
文学の経験
死者の季節

著者紹介

若松 英輔 (ワカマツ エイスケ)  
1968年新潟県生まれ。慶応義塾大学文学部仏文科卒。「越知保夫とその時代 求道の文学」で三田文学新人賞評論部門当選、『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』で西脇順三郎学術賞、『詩集 見えない涙』で詩歌文学館賞、『小林秀雄 美しい花』で角川財団学芸賞と蓮如賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)