• 本

荒城に白百合ありて

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-04-108433-5
4-04-108433-4
税込価格 1,870円
頁数・縦 361P 20cm

商品内容

要旨

薩摩藩士の岡元伊織は昌平坂学問所で学ぶ俊才であったが、攘夷に沸く学友のように新たな世への期待を抱ききれずにいた。そんな中、伊織は安政の大地震の際に、燃え盛る江戸の町をひとりさまよい歩く、美しい少女を見つけた。あやかしのような彼女は訊いた。「このくには、終わるの?」と。伊織は悟った。「彼女は自分と同じこの世に馴染めぬいきものである」と。それが、伊織の運命を揺るがす青垣鏡子という女との出会いであった。魂から惹かれあう二人だが、幕末という「世界の終わり」は着実に近づいていて―。激動の時代に出会いし二人の、悲劇の幕が、いま開く。

おすすめコメント

災禍の下で出会った二人は、戦渦の中で再び巡り逢う。2019年の大本命!この世に執着を持てず「完璧」を装う会津の少女と、彼女の本質に唯一気づいた薩摩の青年。欠落を埋めあうように魂から惹かれあう二人だが、世界の終末はすぐそばまで迫っていた。幕末版「ロミオとジュリエット」!

著者紹介

須賀 しのぶ (スガ シノブ)  
1972年、埼玉県生まれ。上智大学文学部史学科卒業。94年「惑星童話」でコバルト・ノベル大賞の読者大賞を受賞しデビュー。2010年、『神の棘』が各種ミステリーランキングで上位にランクインし、話題となる。13年『芙蓉千里』『北の舞姫 芙蓉千里2』『永遠の曠野 芙蓉千里3』で第12回センス・オブ・ジェンダー賞大賞、16年『革命前夜』で第18回大藪春彦賞、17年『また、桜の国で』で第4回高校生直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)