• 本

西行−鼓ケ滝

講談社の創作絵本 講談えほん

出版社名 講談社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-06-517968-0
4-06-517968-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 〔32P〕 27cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

西行は、平安時代のおわりのころの歌人です。歌人というのは、和歌をよむ人のことです。西行はもとは武士でしたが、出家して仏の道に入り、日本のあちこちを旅していました。そんな旅のとちゅう、まだ若かった西行がであったのは、あばら屋にすむおじいさんとおばあさんと女の子でした。そこでおこったふしぎなこととは…。

出版社・メーカーコメント

人気沸騰中、「チケットの取れない講談師」神田松之丞さんを監修に迎えた「講談えほん」シリーズ! 「講談」とは、古くからの日本の伝統芸能です。講談師が、実在の人物や史実とされている事象を、脚色を交えて聴く人を楽しませつつ、一人語りで読んでいきます。日本の歴史の物語を次世代につなぐために、とても大事で、いま注目されている芸能です。このたび、次世代に伝えたい講談のお話を、絵本にして子どもたちに残すために、「講談えほん」シリーズをつくりました。飛ぶ鳥を落とす勢いの講談師・神田松之丞氏を監修者に迎え、話題を呼ぶこと請け合いのシリーズが誕生です!講談社の「講談えほん」シリーズ、西行「鼓ヶ滝」!人気講談師の神田松之丞さん監修による講談社110周年企画。若かりし西行の歌行脚にまつわる講談を、子どもたちから絶大な支持を集める児童文学作家の石崎洋司氏が文章を、当代きってのアニメーション作家にして絵本作家の山村浩二氏が作画を担当した声に出して読みたい絵本です。

著者紹介

神田 松之丞 (カンダ マツノジョウ)  
日本講談協会、落語芸術協会所属。2007年11月、講談師・三代目神田松鯉に入門。2012年6月、二ツ目昇進。若くして、寛永宮本武蔵伝、慶安太平記、村井長庵、天保水滸伝、天明白浪伝、畔倉重四郎などの「連続物」や、「端物」と言われる数々の読み物を継承している。2020年2月11日、真打ち昇進と同時に六代目神田伯山を襲名
石崎 洋司 (イシザキ ヒロシ)  
1958年、東京都生まれ。高校生のころから民話に興味を持ち、各地の採訪調査に参加。慶應義塾大学卒業後、出版社勤務を経て、作家・翻訳家としてデビュー。主な作品に『世界の果ての魔女学校』(講談社 第50回野間児童文芸賞、第37回日本児童文芸家協会賞受賞)などがある
山村 浩二 (ヤマムラ コウジ)  
1964年生まれ。東京造形大学卒業。短編アニメーションを多彩な技法で制作。『頭山』がアニメーションの映画祭で6つのグランプリ、アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネート、『カフカ 田舎医者』が7つのグランプリなど、国内外90以上の映画賞を受賞。絵本作品に『ちいさなおおきなき』(作・夢枕獏/小学館 第65回小学館児童出版文化賞受賞)など多数。東京藝術大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)