• 本

人工知能と銀行経営

出版社名 金融財政事情研究会
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-322-13488-9
4-322-13488-2
税込価格 1,980円
頁数・縦 163P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人工知能を、銀行・地域金融機関の経営にどのように実装していくのか。AIと人間の協業による“次元超越”のリレーションシップ・バンキング。それは、これからの『フィナンシャル・デジタライゼーションの世界本質』である。

目次

『フィナンシャル・デジタライゼーション』の世界観
必要不可避のデジタル・プロセス・リエンジニアリング
そもそも人工知能(AI)とは何でしょう?
驚きの「ディープラーニング」の実力と「財務格付モデル」への適用
新たなデータソース=『口座取引明細履歴情報』―最大最強最良の“電脳経済の写し絵”
最大最強最良の『口座取引明細履歴情報』からのAI精錬
『デジタル・プロセス・リエンジニアリング』の基本構造図
“最先進国”中国より学ぶ―それはAIと人間の新結合による『信頼革命』
『デジタル・プロセス・リエンジニアリング』の具体設計―人間とAIの“新結合”
『人間が先鋭化すべき価値』とは?―DPRイノベーションを最高のものとするため
『デジタル・プロセス・リエンジニアリング』で実現すべきこと、それは『信頼革命』

おすすめコメント

フィンテック企業やプラットフォーマーの登場により銀行・地域金融機関はビジネスモデルの変革を迫られている。これからの銀行経営にはAI(人工知能)の実装と人間であるバンカーとの“新結合”が不可欠である。本書は経営層や役席者はもちろん、現場の職員まで幅広い読者を対象とし、AIの基礎知識から具体的なモデル・システムの例示、中国の先進事例を簡潔に紹介。さらに「経営」の視点ではAI実装のポイントや想定されるビジネスモデルを、「現場」の視点ではデジタライゼーションが進むなかで求めれられるバンカーの役割を解説した。

著者紹介

大久保 豊 (オオクボ ユタカ)  
慶應義塾大学経済学部卒。ケンブリッジ大学政治経済学部大学院卒(Master of Philosophy)。住友銀行(現三井住友銀行)、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て、1996年にデータ・フォアビジョン株式会社設立。2000年に日本リスク・データ・バンク株式会社設立。2019年に両社の経営統合会社ForeVision株式会社設立。現在、ForeVision株式会社代表取締役社長、日本リスク・データ・バンク株式会社取締役、データ・フォアビジョン株式会社取締役
西村 拓也 (ニシムラ タクヤ)  
九州大学経済学部経済工学科卒。日本長期信用銀行(現新生銀行)、ニッセイアセットマネジメントを経て、2000年にデータ・フォアビジョン株式会社に入社。現在、日本リスク・データ・バンク株式会社代表取締役社長、ForeVision株式会社取締役
稲葉 大明 (イナバ ダイメイ)  
早稲田大学理工学部数学科卒。一橋大学大学院国際企業戦略研究科金融戦略コース修了。あさひ銀行(現りそな銀行)を経て、2002年に日本リスク・データ・バンク株式会社入社。現在、日本リスク・データ・バンク株式会社代表取締役副社長、データ・フォアビジョン株式会社取締役、ForeVision株式会社取締役
尾藤 剛 (ビトウ ゴウ)  
東京大学法学部卒。あさひ銀行(現りそな銀行)を経て、2003年に日本リスク・データ・バンク株式会社入社。現在、日本リスク・データ・バンク株式会社専務取締役、データ・フォアビジョン株式会社取締役、ForeVision株式会社取締役
小野寺 亮 (オノデラ リョウ)  
早稲田大学政治経済学部卒。あさひ銀行(現りそな銀行)を経て、2006年に日本リスク・データ・バンク株式会社入社。現在、日本リスク・データ・バンク株式会社執行役員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)