• 本

PSYCHO−PASS Sinners of the System 上

MAG Garden NOVELS

出版社名 マッグガーデン
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-8000-0916-6
4-8000-0916-2
税込価格 1,430円
頁数・縦 343P 19cm
シリーズ名 PSYCHO−PASS Sinners of the System

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

2117年冬、公安局ビルに一台の暴走車両が突入する事件が発生。その運転手は青森にある潜在犯隔離施設“サンクチュアリ”の心理カウンセラー・夜坂泉だった。しかし取調べ直前に夜坂の即時送還が決定する。監視官の霜月美佳は、執行官・宜野座伸元らとともに夜坂送還のため青森へ向かう。そこで待っていたのは、“偽りの楽園”だった(『罪と罰』)。常守朱が公安局刑事課一係に配属される前の2112年夏、沖縄。国防軍第15統合任務部隊に所属する須郷徹平は、優秀なパイロットとして軍事作戦に参加していた。三ヶ月後、無人の武装ドローンが東京・国防省を攻撃する事件が発生する。事件調査のため、国防軍基地を訪れた刑事課一係執行官・征陸智己は、須郷とともに事件の真相に迫る(『First Guardian』)。

おすすめコメント

「PSYCHO−PASS Sinners of the System」のノベライズ、上下巻で発売!

著者紹介

吉上 亮 (ヨシガミ リョウ)  
小説家、脚本家。『パンツァークラウンフェイセズ』(ハヤカワ文庫JA)でデビュー
茗荷屋 甚六 (ミョウガヤ ジンロク)  
作家、シナリオライター。「木村航」のペンネームで『秘神大作戦 歌う虚』(ファミ通文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)