• 本

至妙の殺人 妹尾アキ夫翻訳セレクション

論創海外ミステリ 240

出版社名 論創社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-8460-1834-4
4-8460-1834-2
税込価格 3,300円
頁数・縦 359P 20cm

商品内容

要旨

かつて『新青年』誌上で日本の読者を魅了した英国二大作家の短編が、妹尾アキ夫の名訳で21世紀によみがえる。物語を盛り上げる機智とユーモア、そして最後に待ち受ける意外な結末!

著者紹介

ビーストン,L.J. (ビーストン,L.J.)   Beeston,L.J.
レオパルド・ジョン・ビーストン。1874年、英国ロンドン生まれ。別名にルシアン・デイヴィス、リチャード・キャムデン。略歴不詳。1963年死去
オーモニア,ステイシー (オーモニア,ステイシー)   Aumonier,Stacy
1877年、英国生まれ。処女作「友達」を発表して英国文壇の寵児となった。1928年死去
妹尾 アキ夫 (セノオ アキオ)  
1892年、岡山県生まれ。別名に胡鉄梅、小原俊一。早稲田大学英文科卒業。ミステリや山岳小説の翻訳を手掛け、作家としても活躍した。1962年死去
横井 司 (ヨコイ ツカサ)  
1962年、石川県生まれ。専修大学大学院文学研究科博士後期課程修了。95年、戦前の探偵小説に関する論考で博士(文学)学位取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)