• 本

咀嚼と食物の話 比較解剖学と口腔器官の成長と役割食物の摂取機能について

出版社名 日本教育研究センター
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-89026-201-4
4-89026-201-6
税込価格 2,200円
頁数・縦 82P 21cm

商品内容

目次

第1章 咀嚼と食物の話(“食べる”ことの意義
咀嚼運動の概略
咀嚼器官の成り立ち
咀嚼機能
咀嚼運動の例
嚥下運動
唾液の役割
舌の役割
幼児期〜老人期の咀嚼機能の変化
高齢者の特徴
“咀嚼”機能の統合性について
食べ物を噛むことの役割と意義)
第2章 現代人の食生活(食べ物を噛むことの役割と意義
よく噛む事の大切さ
「よく噛む」ことを意識した健康づくり)

著者紹介

駒田 格知 (コマダ ノリトモ)  
岐阜大学大学院農学研究科修了。京都大学医学部研究生。朝日大学歯学部解剖学教室助教授。朝日大学大学院歯学研究科兼任。藤田学園大学医学部解剖学教室客員助教授。名古屋女子大学解剖生理学教室教授。名古屋女子大学大学院生活学研究科科長。名古屋女子大学「食と健康研究会」代表。名古屋女子大学法人教学顧問
伊藤 美穂子 (イトウ ミオコ)  
名古屋女子大学家政学部卒業。管理栄養士。名古屋女子大学大学院生活学研究科修了。名古屋女子大学家政学部助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)