• 本

社会と経済 枠組みと原則

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-623-08738-9
4-623-08738-7
税込価格 3,850円
頁数・縦 303,8P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

社会と経済はどのように相互に関係しているのか。経済は社会から分離しているのではなく、宗教、科学、政治、道徳などと同じように社会に埋め込まれている。本書は、このカール・ポランニーの埋め込み概念を経済社会学に適用し、行為、規範、信頼、権力、制度の関係を明らかにした記念碑的著作である。社会科学全体を視野に入れた、グラノヴェターの「新しい経済社会学」の集大成である。

目次

第1章 経済社会学における説明の問題
第2章 経済行為に対する精神的構成物のインパクト―規範、価値、そして道徳経済
第3章 経済における信頼
第4章 経済における権力
第5章 経済と社会制度
第6章 個人の行為と社会制度の相互作用

著者紹介

グラノヴェター,マーク (グラノヴェター,マーク)   Granovetter,Mark
1943年生まれ。1965年プリンストン大学で歴史学の学士号(B.A.)。1970年ハーバード大学で社会学博士(Ph.D.)。その後、ジョンズ・ホプキンス大学、ハーバード大学で教鞭をとり、長らくニューヨーク州立大学ストーニー・ブルック校の社会学教授。そして、ノース・ウェスタン大学社会学部教授を歴任。1985年ASA(アメリカ社会学会)理論部会賞受賞。1996年ストックホルム大学名誉博士号授与。現在、スタンフォード大学社会学教授。「新しい経済社会学」における指導的な社会学者
渡辺 深 (ワタナベ シン)  
1949年東京生まれ。1975年上智大学文学部卒業。1977年コロンビア大学大学院社会学専攻修士課程修了。1987年カリフォルニア大学ロスアンジェルス校大学院社会学専攻博士課程修了、社会学博士。現在、上智大学総合人間科学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)