• 本

叛逆老人は死なず

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-00-024490-9
4-00-024490-6
税込価格 2,090円
頁数・縦 180P 19cm

商品内容

要旨

デモに行っても「老人」ばかり。それでもいいじゃないか。もう後もない年齢。何を恐れることがあろう。軍備に金をつぎ込み、人は切り捨て。そんな政権では孫・子のいのちがおびやかされる。八〇歳超のルポライターが、安保法制、沖縄、原発、冤罪、労働など、いのちのために闘う誇り高き叛逆老人同志に贈る熱いエール。

目次

1 叛逆老人は今日も行く(叛逆老人は今日も行く
戦前を知る叛逆老人たちの覚悟 ほか)
2 沖縄は基地をつくらせない(やんばるの森の視えない戦争
オスプレイ墜落と高江の森 ほか)
3 亡国の原発政策(生ぎろ東北!―原発事故から八年目の被災地を歩く
鉱毒と核毒―明治を模する「富国強兵策」の愚 ほか)
4 死刑大国の好戦内閣(死刑大国と戦争願望
無実の死刑囚・袴田巖 ほか)
5 叛逆老人列伝(石牟礼道子―「小さな命」の仇討ちに賭けた生涯
上野英信―ある記録文学者の家庭戦争 ほか)

おすすめコメント

デモに行っても「老人」ばかり。それでもいいじゃないか。もう後もない年齢。何を恐れることがあろう。軍備に金をつぎ込み、人は切り捨て。そんな安倍政権では孫・子のいのちがおびやかされる。八〇歳超のルポライターが、安保法制、沖縄、原発、冤罪、労働など、いのちのために闘う誇り高き叛逆老人同志に贈る熱いエール。

著者紹介

鎌田 慧 (カマタ サトシ)  
1938年青森県生まれ。ルポライター。労働、原発、冤罪、沖縄問題などを取材・執筆するとともに、各地に足を運び運動につらなる。「「さようなら原発」一千万署名市民の会」ほかの呼びかけ人としても活躍。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)