• 本

「鎖国」を見直す

岩波現代文庫 学術 412

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-00-600412-5
4-00-600412-5
税込価格 968円
頁数・縦 183P 15cm

商品内容

要旨

江戸時代の日本は「鎖国」ではなく「四つの口(長崎・対馬(朝鮮)・薩摩(琉球)・松前(蝦夷地))」で世界につながり、開かれていた―著者が提起した「海禁・華夷秩序」論はさまざまな議論をよび、反発を生みながらも、従来の江戸時代のイメージを塗り替え、通説として定着してきた。著者の長年にわたる研究のエッセンスをわかりやすくまとめた待望の一冊。

目次

第1部 「鎖国」を見直す(見直される「鎖国」―現状と問題点
「鎖国」という言葉の経歴―誕生・流布・定着の歴史的意味
近世日本の国際関係の実態
東アジアのなかで息づく近世日本―「鎖国」論から「国際関係」論へ
鎖国を見直す意味―なぜ歴史は見直されるのか)
第2部 明治維新と「鎖国・開国」言説―なぜ近世日本が「鎖国」と考えられるようになったのか(前口上
はじめに―「鎖国・開国」言説ということ
近世日本の国際関係の実態
終わりに―「鎖国・開国」言説の成立と定着)

著者紹介

荒野 泰典 (アラノ ヤスノリ)  
1946年広島県生まれ。1970年東京商船大学卒業。1975年東京大学文学部国史学科卒業。1977年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。東京大学史料編纂所、立教大学文学部を経て、立教大学名誉教授。近世日本対外関係史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)