• 本

ものがたり日本音楽史

岩波ジュニア新書 909

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-00-500909-1
4-00-500909-3
税込価格 1,034円
頁数・縦 225,11P 18cm

商品内容

要旨

はるか縄文の昔から、日本にはさまざまな音楽が育まれてきました。素朴な鈴や石の笛に始まり、仏教音楽の伝来、雅楽・能楽・歌舞伎・文楽の誕生と変化、文明開化による西洋音楽の導入、そして現代邦楽―。政治や宗教とも深く結びついた音楽の歴史をたどれば、日本の歴史の流れも見えてきます。コンパクトな決定版!

目次

第1章 古代(音楽の定義
楽器の定義と縄文時代の楽器 ほか)
第2章 中世(中世という時代
中世に共通する特徴 ほか)
第3章 近世(近世という時代
琉球の音楽 ほか)
第4章 近代(明治時代の文明開化
教育における文明開化 ほか)
第5章 現代(敗戦国日本と音楽
民謡と民俗芸能 ほか)

おすすめコメント

はるか縄文の昔から、日本にはさまざまな音楽が培われてきました。素朴な鈴や石の笛に始まり、仏教音楽の伝来、雅楽・能楽・歌舞伎・文楽の誕生と変化、文明開化による西洋音楽の導入、そして現代邦楽――。政治や宗教とも深く結びついた音楽の歴史をたどれば、日本の歴史の流れも見えてきます。コンパクトで濃厚な決定版!

著者紹介

徳丸 吉彦 (トクマル ヨシヒコ)  
1936年、東京生まれ。聖徳大学教授、お茶の水女子大学名誉教授。音楽学、とくに民族音楽学を専攻。日本とアジアの音楽を国内外で紹介。日本音楽と西洋音楽を愛好する家庭で育つが、戦争で家が焼かれて三味線もピアノもなくなったために、音楽を始めたのは遅かった。しかし子供の頃から音楽と音楽に対する考え方が多様であることを意識し、日本音楽に対する日本社会の扱いに疑問を抱いていた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)