• 本

働く人のこころのケア・ガイドブック 会社を休むときのQ&A

出版社名 金剛出版
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-7724-1736-5
4-7724-1736-2
税込価格 2,860円
頁数・縦 253,16P 19cm

商品内容

要旨

産業医経験も豊富でリワークも手掛けるベテラン精神科医が、働く患者さんから実際に寄せられる相談・質問に答えたQ&Aが182問!うつ病を中心としたこころの病気や職場で起こる問題、健康管理、休職時の社会保障制度、精神科やリワークでの治療法など、「働く人」がこころの病気になってしまったときに知りたい情報をギュギュっと網羅。当事者だけでなく、同僚や管理職、人事担当者、産業保健スタッフ、医療職など「働く人」をとりまく全員に役立つ一冊。

目次

第1章 会社を休まないために―ストレスと認知行動療法(ストレスとは何だ?
認知行動療法―ちょっと視点を変えてみよう)
第2章 会社の休み方・戻り方(仕事を休みますか?続けて働きますか?
休んでいる時の生活
ご家族の対応
仕事を休む―制度とお金の話
リワーク―クリニックにおける復職支援プログラム
復職する時とした後の注意点、会社の復職支援
失業・退職・転職―手続きとお金の話)
第3章 仕事を休むこころの病気―職場ではどのように困るのか(うつ病
発達障害―得意・不得意がはっきりしている人たち
不安障害と強迫性障害)
第4章 相談と診療、健康管理(精神科に行く―受診するまで
精神科医療―精神科医ってどんな人?
精神科を受診する!―診察での注意点
ご家族と精神科受診
会社での健康管理―産業保健スタッフと健康診断)

著者紹介

福田 真也 (フクダ シンヤ)  
1957年東京生まれ。精神科医、日本精神神経学会専門医、精神保健指定医、日本医師会認定産業医、日本精神科産業医協会認定会員、日本うつ病リワーク協会リワーク認定スタッフ。現在は、あつぎ心療クリニック・リワーク担当医、明治大学精神科産業医・学生相談室相談員、成蹊学園学生相談室学校医。旭川医科大学卒業後、東海大学精神医学教室に入局。同大学保健管理センターで1992年より2007年まで教職員と大学生の健康管理業務に従事した後、2007年よりあつぎ心療クリニックの外来とリワーク担当医として500人近くの従業員の復職支援に携わり、働く人のメンタルヘルスに力を入れている。また明治大学学生相談室相談員、精神科産業医も兼任。専門は勤労者と大学生の臨床精神医学とメンタルヘルス。特にうつ病の復職支援や発達障害者の障害者雇用などこころの病気と働くことを主なテーマにしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)