• 本

夢探偵フロイト 〔3〕

邪神が売る殺意

小学館文庫 Cな2−3 キャラブン!

出版社名 小学館
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-09-406721-7
4-09-406721-3
税込価格 660円
頁数・縦 284P 15cm
シリーズ名 夢探偵フロイト

商品内容

要旨

あかねが就活に苦戦する中、夢科学研究所に「夢が売られている」という情報が。ネットフリマで『夢売り』なる人物が夢を販売しているようだ。興味を惹かれたフロイト教授は、実際に夢を買ってみようと提案。身分を隠してあかねが吉夢、フロイトが凶夢を購入するが、届いたのは予想を裏切る恐ろしいものだった。ネット上から忽然と姿を消す『夢売り』、夢に呑み込まれるあかね。一方、『人殺しの夢』を買った人物は、生々しい殺人の快楽に溺れていた。『夢売り』とは何者なのか?その意図は何なのか?フロイト教授の分析が冴えわたる、人気ミステリー第三弾!

出版社・メーカーコメント

ネットで夢を売る「夢売り」の正体を追う! 私立未来世紀大学。就職活動に出遅れた4年生の城崎あかねは、面接に落ちまくり、意気消沈ぎみの毎日を送っている。そんな折、夢科学研究所のホームページに、「夢が売られている」という情報が入る。調べてみると、ネットフリマアプリ「アボカド」で、『夢売り』なる人物が夢を販売しているようだ。売り手が買い手にどうやって夢を見せるのか、興味を惹かれたフロイト教授は、実際に夢を買ってみようと提案。身分を隠して、あかねが吉夢、フロイトが凶夢を購入する。そして待望の夢が届くが、それは全く予想もしていなかった恐ろしいものだった。ネット上から忽然と姿を消す『夢売り』、夢に呑み込まれていくあかね――。一方、『人殺しの夢』を購入した人物は、生々しい殺人の快楽に溺れていた。『夢売り』とは何者なのか? その意図は何なのか?フロイト教授の分析が冴えわたる、人気シリーズ第三弾!

著者紹介

内藤 了 (ナイトウ リョウ)  
長野市出身。長野県立長野西高等学校卒。デザイン事務所経営。2014年に『ON』で日本ホラー小説大賞読者賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)