• 本

いまこそ税と社会保障の話をしよう!

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-492-70151-5
4-492-70151-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 338P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

消費増税は悪ではない。「革命を語らない革命家」と評された、気鋭の財政学者による白熱討論を書籍化!

目次

第1講 勤労作家・日本―「働かざる者食うべからず」の自己責任社会(「友だち」との対話という試み
まずしくなるのに働く女性 ほか)
第2講 僕たちの社会は変わってしまった―大転換する日本経済(なぜ日本経済はくすぶりつづけたのか
日本経済はなぜ衰退したのか ほか)
第3講 「頼りあえる社会」は実現できる―ちょっといい未来を想像してみる(金持ちすら不安になる社会
なぜ新自由主義は支持されたのか ほか)
第4講 「経済の時代」から「プラットフォームの世紀」へ(危機の時代に何が起きるのか
福祉国家の両極にある国ぐにのできごと ほか)

おすすめコメント

「貯蓄ゼロでも不安ゼロの安心社会」は実現できる。慶大人気教授による白熱講義を書籍化!

著者紹介

井手 英策 (イデ エイサク)  
1972年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。日本銀行金融研究所、東北学院大学、横浜国立大学を経て、慶應義塾大学経済学部教授。専門は財政社会学。総務省、全国知事会、全国市長会、日本医師会、連合総研等の各種委員のほか、小田原市生活保護行政のあり方検討会座長、朝日新聞論壇委員、毎日新聞時論フォーラム委員なども歴任。著書多数。2015年度大佛次郎論壇賞、2016年度慶應義塾賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)