• 本

ブラームス

河出文庫 よ11−8

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-309-41723-3
4-309-41723-X
税込価格 990円
頁数・縦 335P 15cm

商品内容

要旨

短調作品が多く、古典派形式を重視し、第三交響曲では、四楽章の全部がPかPPで終わるという交響曲の全歴史上類のない作曲法。激情と憂愁の人の作品の秘密を楽理からも裏付ける。シューリヒト、ヴァント、バックハウス、ワッツ、クレーメル、ウゴルスキ…演奏家論も充実の、ブラームス鑑賞の決定版。

目次

ブラームスと私たち
ブラームス―He aged fast but died slowly
交響曲第一番
シューリヒトのブラームス―交響曲第三番
ミュンシュのブラームス―交響曲第一、二、四番、悲劇的序曲
ジュリーニ/交響曲全集、他―フィルハーモニア管弦楽団
ヴァントのブラームス―交響曲第一、二、三番
ホルスト・シュタインのブラームス
アバド/交響曲第四番―ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
第二ピアノ協奏曲
バックハウスのブラームス
ピアノ協奏曲第二番、他―アックス・はいティン句・ボストン交響楽団
ヴァイオリン協奏曲
ミルシテインの二面性―構造美にこだわる冷静さとこみ上げる精神の炎が衝突
ヴァイオリン協奏曲―ズッカーマン/バレンボイム/パリ管弦楽団
今夜はブラームスの室内楽でも聴こう
ボベスコのブラームス―ヴァイオリン・ソナタ
ヴァイオリン・ソナタ第一〜三番―クレーメル/アファナシェフ
ヴァイオリン・ソナタ―ヘッツェル/ドイチュ
ヴィオラ・ソナタ第一、二番、他―今井信子/ヴィニョールズ
ヴィオラ・ソナタ第一、二番、ヴィオラ三重奏曲―バシュメト/ムンチャン/ベルリンスキー
ピアノ・ソナタ第一、二番、他―ウゴルスキ

おすすめコメント

文庫オリジナル。ブラームスの音楽の本質・魅力を、ブラームスの人間像も含めて解き明かす。交響曲、協奏曲、ピアノソロ、室内楽等々、幾多の名曲と名演奏を味わう、ブラームス鑑賞の決定版。

著者紹介

吉田 秀和 (ヨシダ ヒデカズ)  
1913年、東京日本橋生まれ。音楽評論家。東京大学仏文科卒。戦後、評論活動を始め『主題と変奏』(1953年)で指導的地位を確立。48年、井口基成、斎藤秀雄らと「子供のための音楽教室」を創設し、後の桐朋学園音楽科設立に参加。57年、「二十世紀音楽研究所」を設立。75年、『吉田秀和全集』で大佛次郎賞、90年度朝日賞、『マネの肖像』で読売文学賞受賞。2006年、文化勲章受章。館長を務めた水戸芸術館開設を記念し吉田秀和賞が設けられている。著書多数。2012年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)