• 本

気がつけば、終着駅

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-12-005253-8
4-12-005253-2
税込価格 1,320円
頁数・縦 223P 19cm

商品内容

要旨

離婚を推奨した1960年代、簡単に結婚し別れる2020年。世の中が変われば、考えも変わる。初エッセイから55年。佐藤愛子、これでおしまい。

目次

第1部 波瀾万丈人生篇(再婚自由化時代
クサンチッペ党宣言
三人目の夫を求めます
おもろうて、やがて悲しき―追悼・遠藤周作
子供
なに故我が娘には虫つかず
母、娘、私、たぎる血気は争えず)
第2部 老いの心境篇(人生の終盤、欲望も情念も涸れゆくままに
格闘する人生の中でこそ、人は美しく仕上がっていく
人生は自分の力で切り拓いて。頼ろうとする心が嘆かわしい
全部失ってごらんなさい。どうってことありませんよ
九十二歳、いい加減くたばりたい心境です―聞き手・工藤美代子
書いてわかりたい。あるのはその欲求だけ―聞き手・工藤美代子
九十五歳。死ぬのがイヤでなくなった)
巻末対談 物書き人生と理想の最期―対談・橋田壽賀子

出版社・メーカーコメント

96歳を迎えた佐藤愛子さん。『婦人公論』への登場も半世紀あまりにおよぶ。初登場の「クサンチッペ党宣言」「再婚自由化時代」から、最新の橋田壽賀子さんとの対談まで、エッセイ、インタビューを織り交ぜた、選りすぐりの一冊。

著者紹介

佐藤 愛子 (サトウ アイコ)  
1923年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。69年『戦いすんで日が暮れて』で第六十一回直木賞、79年『幸福の絵』で第十八回女流文学賞、2000年『血脈』の完成により第四十八回菊池寛賞、15年『晩鐘』で第二十五回紫式部文学賞を受賞。17年旭日小綬章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)