• 本

サッカー・J2論

ワニブックス|PLUS|新書 284

出版社名 ワニブックス
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-8470-6636-8
4-8470-6636-7
税込価格 913円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

日本サッカーの「縁の下の力持ち」J2の全貌とは―知られざるリアルと魅力を現役選手が解説。

目次

第1章 J2の成り立ちと現在地(JリーグからJ1とJ2の時代へ
99年生まれのJ2は10チームでスタート ほか)
第2章 J1とJ2にみる格差社会(予算規模はJ1の約3分の1
プロなのに練習グラウンドがないチームも ほか)
第3章 ここがヘンだよ海外の2部(劣悪な環境の海外2部リーグ
海外は野心家の集まり―狙うは個人昇格のみ!? ほか)
第4章 J2が育てた名選手たち(香川真司
乾貴士 ほか)
第5章 J2全チーム総評(モンテディオ山形
水戸ホーリーホック ほか)

おすすめコメント

「まちがいなく世界一過酷なリーグだ!」 知られざるサッカー・J2のリアルな実情と魅力を現役スター選手が解説。J2は試合間隔の短さと移動距離の長さから「世界一過酷なリーグ」とも言われている。・オフが1ヵ月に4日未満の時もある・ユニフォーム交換は自腹など、環境面で発展途上なところも多い。また、「ミドルシュートは打たせてもいい!?」など、戦術も当然J1とは違ってくる――。こうしたJ2の知られざる裏側、選手たちの頑張りを、現役のスター選手、松井大輔氏が初めて語り尽くしました。(はじめに)J2の知られざる実情や魅力、選手たちの頑張りを、サッカーファンの方々にもっと伝えたい。J2のフィールドで長く本気でプレーしていくなかで、そんな思いが募ってきた。成長著しい日本サッカーにおいて、J2はどのように貢献してきたのか。J2にしかない魅力は何なのか。 現役選手としての立場から見えるJ2を余すことなく語っていきたい。 本書を読み終えたとき、J2の観戦がより楽しくなり、サッカーそのものをもっと好きになっていることは、ここで保証する。――「はじめに」より。(構成)第1章 J2の成り立ちと現在地第2章 J1とJ2の格差第3章 ここがヘンだよ 海外2部リーグ第4章 J2が育てた名選手たち第5章 J2全チーム総評(内容例)・予算規模はJ1のわずか3分の1ほど・年俸200万円以下の選手もいる・ユニフォーム交換は自腹・オフが1ヵ月に4日未満の時もある・ゲートボールをしている隣で練習することも……・新卒選手があえてJ2を選ぶ時代に・格差が如実に表れる移動手段・J2降格でホテルのグレードが下がる?・ミドルシュートは打たせてもいい!?・J2における外国人助っ人事情・J2で勝てる戦術 J1で勝てる戦術・ポジション毎に求められる役割が変わってきた・J2とJ1のレフェリング判断の違い・海外は野心家の集まり 狙うは個人昇格のみ!?・トイレでも筋トレをする海外2部リーグ・バス移動で10時間 ポーランドはとにかく広い・海外は契約社会 直談判するなら会長へ・J2が育てた名選手たち・J2全チーム総評J2草創期から現在のJ2まで――、現役スター選手がすべてを語る!※内容は変更となる場合がございます。※構成:藤井雅彦

著者紹介

松井 大輔 (マツイ ダイスケ)  
1981年5月11日京都府生まれ。鹿児島実業高等学校卒業後、2000年に京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)加入。04年、フランスのル・マンに移籍。その後、サンテティエンヌ、グルノーブル・フット38、トム・トムスク、ディジョン、スラヴィア・ソフィア、レヒア・グダニスクを経て、14年にジュビロ磐田加入。17年にポーランドのオドラ・オポーレに移籍。18年1月より横浜FC加入。日本代表として国際Aマッチ31試合に出場。受賞歴多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)