• 本

「経理」の本分 部署の存在意義,業務の原則,部員の心得

出版社名 中央経済社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-502-32811-4
4-502-32811-1
税込価格 2,530円
頁数・縦 177P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

経営者から「ありがとう」と言われるか、それとも、AIに奪われるか。スキルをとやかく言う前に、配属されたら最初に読む本。

目次

第1章 経理部の本分と存在意義―「真の経理部」とは何か
第2章 経理部の仕組み―経理部の6つの業務
第3章 経理部の日常業務とは―日常的に経理部員は何をすべきか
第4章 経理部の決算業務とは―ディスクロージャーのために経理部員は何をすべきか
第5章 経理部のサポート業務とは―経営をサポートし、企業価値を高めるために経理部は何をすべきか
第6章 自己の価値を向上させる経理部員の心得―自分が変われば会社は変わる

著者紹介

武田 雄治 (タケダ ユウジ)  
公認会計士。武田公認会計士事務所所長。関西学院大学商学部卒業。KPMG(現・有限責任あずさ監査法人)、東証上場企業財務経理部門、コンサルティング会社勤務等を経て、現在に至る。これまで数多くの上場企業財務経理部門の業務改善を行ってきた。決算早期化、決算業務改善、IFRSの分野では第一人者と称されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)