• 本

犬の愛と人の愛 涙があふれる25の物語

出版社名 緑書房
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-89531-394-0
4-89531-394-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 207P 19cm

商品内容

要旨

犬と人は、何よりも深く確かな絆で結ばれる―「ムツゴロウ動物王国」で数多くの動物と暮らしてきた著者が綴る感動の実話。脳性マヒを背負いながら見事に生きたサモエド・コボの物語をはじめ、さわやかな感動を呼ぶ25の逸話を収録!愛犬雑誌『Wan』の人気連載に、書き下ろしを追加。

目次

1 巣立った犬たちの物語(涙をなめる瞳
コロの便り ほか)
2 石川百友坊は本日もにぎやか(柴犬の姿と心を備えて
焦げパン祭り ほか)
3 保育士犬とふるさとの香り(守り育てる犬
任せるよ、子犬たちを ほか)
4 コボとタッチは天からの使者(起き上がった犬
花を求めて ほか)

著者紹介

石川 利昭 (イシカワ トシアキ)  
北海道名寄市出身。農家に生まれ、犬だけでなくさまざまな家畜に囲まれて育つ。作家の畑正憲氏が主宰する「ムツゴロウ動物王国」を30年以上支え、東京都あきるの市などで活動した後、2008年に独立。北海道中標津町にて犬猫を中心とする「石川百友坊」を運営する。夫人のヒロ子氏とともに、現在は20頭の犬・6匹の猫と暮らす。家畜や野生動物に造詣が深く、保護や飼育の経験も数多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)