• 本

現代の考察 ただ独りで生きる

出版社名 PHP研究所
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-569-84530-2
4-569-84530-4
税込価格 3,850円
頁数・縦 813P 22cm

商品内容

目次

第1章 武士道と現代
第2章 毒を食らえ
第3章 民主主義とは何か
第4章 芸術の意味
第5章 仕事と人生
第6章 死生観と人生

出版社・メーカーコメント

いままで外部での講演会を断り続けてきた著者が、PHP研究所において1年以上にわたり6回行った講演の主題は以下のとおり。@武士道と現代A毒を食らえB民主主義とは何かC芸術の意味D仕事と人生E死生観と人生毎回2時間の講演と4時間に及ぶ質疑応答を収録したうえで、著者による6回分の「序文」と巻末に膨大な「索引」が加えられて完成したのが本書である。いったい現代とはどういう時代で、私たちはどう生きればいいのか。その根本課題に真正面から体当たりしてきた著者の結論は、「ただ独りで生き、ただ独りで死ぬ」こと。その思想を身につけるための手がかりを著者は教えてくれる。講演に参加した人たちの質問や悩みは多岐にわたったが、著者はそのすべてに、よどみなく簡潔明瞭に答えてくれた。それら白熱した質疑応答も読み応えがあり、本書の醍醐味ともなっている。現代の本質を知ることで生き方が変わる一冊といえよう。

著者紹介

執行 草舟 (シギョウ ソウシュウ)  
昭和25年東京都生まれ。立教大学法学部卒業。実業家、著述家、歌人。独自の生命論に基づく事業を展開。戸嶋靖昌記念館館長。執行草舟コレクションを主宰。蒐集する美術品には、安田靫彦、白隠、東郷平八郎、南天棒、山口長男、平野遼等がある。洋画家戸嶋靖昌とは深い親交を結び、画伯亡き後、全作品を譲り受け、記念館を設立。その画業を保存、顕彰し、千代田区麹町の展示フロアで公開している。日本菌学会終身会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)