• 本

深淵と浮遊 現代作家自己ベストセレクション

講談社文芸文庫 たAL1

出版社名 講談社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-06-517873-7
4-06-517873-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 330P 16cm

商品内容

要旨

現代文学の最前線を牽引する文学者たちが挙げた、「自己ベスト作品」を集成した豪華アンソロジー。「深淵」から「浮遊」まで、さまざまな味わいの短篇小説をはじめ、随筆、短歌、経典の評釈―この編纂方法でなければ一堂に会することはなかった、それぞれの作家固有の文学観と達成を示す煌びやかな収録作品群の妙を堪能できる、奇跡の一書!

目次

読み解き「懺悔文」女がひとり、海千山千になるまで(伊藤比呂美)
愛犬ベネディクト(小川洋子)
ブルトンの遺言(高原英理)
胞子(多和田葉子)
ペニスに命中(筒井康隆)
瓦礫の陰に(古井由吉)
いろいろ(穂村弘)
のぼりとのスナフキン(堀江敏幸)
逆水戸(町田康)
間食(山田詠美)

おすすめコメント

アンソロジスト高原英理の呼びかけで実現した、未だかつてない「作家自己ベスト作品集」。「そう来たか!」と意表を突くセレクトから納得の王道的傑作まで、さまざまな味わいの短編小説をはじめ、随筆、短歌、経典の評釈――現代文学の最前線を牽引する文学者たちが挙げた、「自己ベスト作品」を集成した豪華アンソロジー。「編者が作品を選ばない」この編纂方法でなければ一堂に会することはなかった、それぞれの作家固有の文学観と達成を示す煌びやかな収録作品群の妙を堪能できる、奇跡の一書!「これまでいくつかアンソロジーを編んできて、ほぼどれもありがたい反響をいただき、よい仕事をしたと自負もしているが、ただ、ときに内心忸怩たる思いがないではなかった。どこまでいってもこの自分の視点からしか見られないことの無念である。自分のまるで考えもしなかった視界を開く方法はないか。こうして当アンソロジーのプランは生まれた。参加していただける個々の作家自身の決定にお任せする。それは私などの狭い先入観を裏切って思いもよらない豊饒な結果を生むだろう。ご覧いただきたい」(編者・高原英理氏解説より)〈収録作品〉伊藤比呂美「読み解き「懺悔文」女がひとり、海千山千になるまで」小川洋子「愛犬ベネディクト」高原英理「ブルトンの遺言」 多和田葉子「胞子」 筒井康隆「ペニスに命中」古井由吉「瓦礫の陰に」穂村弘「いろいろ」 堀江敏幸「のぼりとのスナフキン」町田康「逆水戸」山田詠美「間食」

著者紹介

高原 英理 (タカハラ エイリ)  
1959.4.3〜。小説家、文芸評論家。三重県生まれ。立教大学文学部卒業。東京工業大学大学院博士課程修了(価値システム専攻)。1985年「少女のための鏖殺作法」で幻想文学新人賞受賞、96年「語りの事故現場」が群像新人賞評論部門優秀作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)