• 本

日本思想史

岩波新書 新赤版 1821

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-00-431821-7
4-00-431821-1
税込価格 968円
頁数・縦 251,11P 18cm

商品内容

要旨

古代から今にいたるまで、日本人はそれぞれの課題に真剣に取り組み、生き方を模索してきた。その軌跡と厖大な集積が日本の思想史をかたちづくっているのだ。“王権”と“神仏”を二極とする構造と大きな流れとをつかみ、日本思想史の見取り図を大胆に描き出す。混迷する現代を見据え、未来のために紡がれる、唯一無二の通史。

目次

日本思想史をどう捉えるか
1 思想の形成(古代)〜9世紀(日本思想の形成―飛鳥・奈良・平安初期)
2 定着する思想(中世)10〜15世紀(儀礼化する王権と神仏―摂関・院政期
王権と神仏の新秩序―鎌倉期
中世文化の成熟―南北朝・室町期)
3 思想の多様化と変容(近世)16〜19世紀(大変動と再編―戦国・安土桃山期
安定社会の構築―江戸初期
思想の一斉開花―江戸中期 ほか)
4 世界の中の日本(近代)19〜20世紀(日本的近代の形成―明治期
戦争と思想―大正・昭和前期
平和の理想と幻想―昭和後期 ほか)

出版社・メーカーコメント

古代から現代にいたるまで、日本人はそれぞれの課題に真剣に取り組み、生き方を模索してきた。その軌跡と厖大な集積が日本の思想史をかたちづくっているのだ。〈王権〉と〈神仏〉を二極とする構造と大きな流れとをつかみ、日本思想史の見取り図を大胆に描き出す。混迷の今を見据え、未来のために紡がれる、唯一無二の通史。

著者紹介

末木 文美士 (スエキ フミヒコ)  
1949年山梨県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。現在、東京大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。専攻、仏教学、日本思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)