• 本

新実存主義

岩波新書 新赤版 1822

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-00-431822-4
4-00-431822-X
税込価格 880円
頁数・縦 210,5P 18cm

商品内容

要旨

心と脳は同じものなのか。心はすべて物理的な理論で説明がつくのか。心と脳はなぜ「サイクリングと自転車」の関係に似ているのか。『世界はなぜ存在しないのか』で「世界」を論じた気鋭の哲学者がつぎに切り込むのは「心」。脳科学全盛の時代に、実存主義と心の哲学をつなげ、二一世紀のための新たな存在テーゼを提示する。

目次

序論 穏健な自然主義と、還元論への人間主義的抵抗(ジョスラン・マクリュール)
第1章 新実存主義―自然主義の失敗のあとで人間の心をどう考えるか(マルクス・ガブリエル)
第2章 ガブリエルによる論駁(チャールズ・テイラー)
第3章 心は「存在する」のか?(ジョスラン・ブノワ)
第4章 人間の生とその概念(アンドレーア・ケルン)
第5章 四人に答える(マルクス・ガブリエル)

おすすめコメント

心と脳は同じものなのか。心はすべて物理的な理論で説明がつくのか。心と脳はなぜ「サイクリングと自転車」の関係に似ているのか――。『世界はなぜ存在しないのか』で「世界」を論じた気鋭の哲学者がつぎに切り込むのは「心」。脳科学全盛の時代に、実存主義と心の哲学をつなげ、21世紀のための新たな存在テーゼを提示する。

著者紹介

ガブリエル,マルクス (ガブリエル,マルクス)   Gabriel,Markus
1980年生まれ。ボン大学教授
廣瀬 覚 (ヒロセ サトル)  
仙台市医師会看護専門学校非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)