• 本

日本の品種はすごい うまい植物をめぐる物語

中公新書 2572

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-12-102572-2
4-12-102572-5
税込価格 990円
頁数・縦 282P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

より美味で、かつ丈夫、収穫量が多く、栽培しやすい品種を―。誰もが夢見る新品種を生むべく、自然と格闘する仕事が育種家だ。りんごの「ふじ」のように歴史に名を刻む有名種や、競争に敗れて頂点から転落した梨の「長十郎」など、品種改良をめぐる歴史は、育種家たちの情熱の結晶である。本書では、じゃがいもや大豆、大根、わさびなど7つの身近な食用植物を取り上げ、その進化と普及にいたるドラマを描き出す。

目次

序章 ブリーダーの特殊技能
第1章 ジャガイモ―次々現れる敵との激闘の数々
第2章 ナシ―日本発祥の珍しき果樹
第3章 リンゴ―サムライの誇りで結実した外来植物
第4章 ダイズ―縄文から日本の食文化を育んできた豆
第5章 カブ―持統天皇肝いりで植えられた作物
第6章 ダイコン―遺伝学者の想像を超えた品種たち
第7章 ワサビ―家康が惚れ込み世界に広がった和の辛味

出版社・メーカーコメント

より美味で、かつ丈夫、収穫量が多く、栽培しやすい品種を――。誰もが夢見る新品種を生むべく、自然と格闘する仕事が育種家だ。りんごの「ふじ」のように歴史に名を刻む有名種や、競争に敗れて頂点から転落した梨の「長十郎」など、品種改良をめぐる歴史は、育種家たちの情熱の結晶である。本書では、じゃがいもや大豆、大根、わさびなど7つの身近な食用植物を取り上げ、その進化と普及にいたるドラマを描き出す。

著者紹介

竹下 大学 (タケシタ ダイガク)  
1965(昭和40)年、東京都生まれ。千葉大学園芸学部卒業後、キリンビールに入社。同社の育種プログラムを立ち上げる(花部門)。All‐America Selections主催「ブリーダーズカップ」初代受賞者(2004年)。技術士(農業部門)。NPO法人テクノ未来塾会員。現在、一般財団法人食品産業センターに勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)