• 本

孤塁 双葉郡消防士たちの3・11

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-00-022969-2
4-00-022969-9
税込価格 1,980円
頁数・縦 211P 19cm

商品内容

文学賞情報

2020年 第42回 講談社本田靖春ノンフィクション賞(旧・講談社ノンフィクション賞)受賞

要旨

われわれは生きて戻れるのか?―原発が爆発・暴走するなか、地震・津波被災者の救助や避難誘導、さらには原発構内での給水活動や火災対応にもあたった福島県双葉消防本部の消防士たち。他県消防の応援も得られず、不眠不休で続けられた地元消防の苦難と葛藤が初めて語られた。一人一人への丹念な取材にもとづく渾身のノンフィクション。

目次

1 大震災発生―3月11日
2 暴走する原発―3月12日
3 原発構内へ―3月13日
4 三号機爆発―3月14日
5 「さよなら会議」―3月15日
6 四号機火災―3月16日
7 仕事と家族の間で―3月17日〜月未
8 孤塁を守る

おすすめコメント

われわれは生きて戻れるのか? ――原発が爆発・暴走するなか、地震・津波被害者の救助や避難誘導、さらには原発構内での給水活動や火災対応にもあたった福島県双葉消防本部一二五名の消防士たち。原発事故ゆえ他県消防の応援も得られず、不眠不休で続けられた地元消防の活動と葛藤を、消防士たちが初めて語った。一人ひとりへの丹念な取材にもとづく渾身の記録。

著者紹介

吉田 千亜 (ヨシダ チア)  
1977年生まれ。フリーライター。福島第一原発事故後、被害者・避難者の取材、サポートを続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)