• 本

オジいサン

文庫版

角川文庫 き26−55

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-04-108444-1
4-04-108444-X
税込価格 836円
頁数・縦 377P 15cm
シリーズ名 オジいサン

商品内容

要旨

72歳の益子徳一は定年退職後、公団アパートで一人暮らし。誰かに優しく「オジいサン」と呼びかけられたことを思い出したり、大した用もないのに訪ねてくる田中電気の2代目と言い合いしたり、調子に乗って変な料理を作ったり―。1日1日をきちんと大事に、そしてあるがままに生きる徳一は、何気ない日常の中で、ささやかだけれど大切なことに気づいてゆく。ほっこり笑えてちょっぴり胸が温まる、連作短編集。

出版社・メーカーコメント

なにも起きない老後。でもそれがいい。ほっこり笑える、シニア応援小説! 72歳の益子徳一は定年退職後、公団アパートで一人暮らし。 誰かに優しく「オジいサン」と呼かけられたことを思い出したり大した用もないのに訪ねてくる田中電気の二代目と言い合いしたり、調子に乗って変な料理を作ったり――。 一日一日をきちんと大事に、そしてあるがままに生きる徳一は、何気ない日常の中で、ささやかだけれど大切なことに気づいてゆく。 ほっこり笑えてちょっぴり胸が温まる、連作短編集。 <解説・宮部みゆき> ◆一番好きな京極作品の声、多数! 「偏屈がチャーミングに転じて、徳一さんの一分一秒から目が離せない」 ――30代女性・校閲者 「買い物や料理、ごみの分別など身近な困難を乗り越えてゆく姿に感動を覚えました」 ――40台男性・会社員

著者紹介

京極 夏彦 (キョウゴク ナツヒコ)  
小説家・意匠家。1963年北海道生まれ。94年、妖怪小説『姑獲鳥の夏』で小説家デビュー。『魍魎の匣』で第49回日本推理作家協会賞、『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、『後巷説百物語』で第130回直木賞、『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞を受賞、『遠野物語remix』「えほん遠野物語」シリーズなどにより平成28年遠野文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)