• 本

ライオン・ブルー

角川文庫 こ52−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-04-108632-2
4-04-108632-9
税込価格 880円
頁数・縦 471P 15cm

商品内容

要旨

獅子追交番に勤務する制服警官・長原が拳銃を持ったまま姿を消した。同期の耀司は獅子追への異動を志願、真相を探ろうとする。やがて町のゴミ屋敷から出火し、家主の毛利が遺体で見つかった。事件性なしとされるが、数週間後、警ら中に発砲音を耳にした耀司はヤクザの金居の銃殺死体を目にする。さらに現場に落ちていた凶器が、長原の持ち去った拳銃だと判明し―。乱歩賞作家渾身の警察ミステリ。短編「蛇の作法」特別収録。

おすすめコメント

乱歩賞作家が放つ、衝撃の交番警察ミステリ!田舎町の交番に異動した澤登は、失踪した同期・長原の行方を探っていく。やがて町のゴミ屋敷が放火され、家主・毛利の遺体が見つかる。耀司は長原が失踪直前に毛利に会っていたことを掴むが……。

著者紹介

呉 勝浩 (ゴ カツヒロ)  
1981年青森県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。2015年『道徳の時間』で第61回江戸川乱歩賞を受賞し、デビュー。18年には『白い衝動』で第20回大藪春彦賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)