• 本

鼠、嘘つきは役人の始まり

角川文庫 時−あ6−176

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-04-108294-2
4-04-108294-3
税込価格 726円
頁数・縦 314P 15cm

商品内容

要旨

昼は甘酒屋、夜は江戸を賑わす大泥棒という顔を持つ鼠小僧・次郎吉。見世物小屋が並ぶ通りを妹の小袖と歩いていると、少年たちに追われている少女と遭遇する。聞けば、今評判の与力“鬼の万治郎”に斬られた盗賊の娘だという。なんとその“鬼万”、手向いもしない相手を斬った上、残った家族を執拗に追い回しているらしい。放っておけない次郎吉は、娘を医者の千草に預け、人気与力を探り始める。痛快時代小説、第10弾。

おすすめコメント

うかうか盗みもしちゃいられねえ!鼠小僧次郎吉が出会った奇妙な事件たち。江戸一番の人気者は、大泥棒?鼠?か、はたまた与力?鬼万?か。巷で話題、奉行所の名与力、?鬼の万治郎?。しかしその正体は、盗人よりもなお悪い!? 謎と活劇に胸躍る?鼠?シリーズ第10弾。

著者紹介

赤川 次郎 (アカガワ ジロウ)  
1948年、福岡県生まれ。76年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。作品が映画化されるなど、続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ他著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)