• 本

華舞鬼町おばけ写真館 〔7〕

祭りばやしと光の絆

角川ホラー文庫 あ6−17

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-04-107858-7
4-04-107858-X
税込価格 572円
頁数・縦 193P 15cm
シリーズ名 華舞鬼町おばけ写真館

商品内容

要旨

浮世と常世の境界にある不思議な町・華舞鬼町。住人のアヤカシたちは那由多の写真のおかげで浮世との繋がりを強く持っていた。貧乏神のクロ助は、富むものを衰退、劣化させてしまう体質で、那由多はそんなクロ助を福の神にしてあげたいと願う。ある日、東京都心に怪しい暗雲が立ち込め、世界は闇に呑まれそうになる。那由多とクロ助は密かにケガレを集めてきた虚路と対峙するのだが―。大人気シリーズ、ついに最終巻!

おすすめコメント

東京や各地の名所と繋がる【華舞鬼町】!東京の歌舞伎町ではないもう一つのカブキチョウって、知っていますか? そこは明治大正のようなレトロな街並み、異形の者たちが跋扈する不思議な街。

著者紹介

蒼月 海里 (アオツキ カイリ)  
宮城県仙台市で生まれ、千葉県で育ち、東京都内で書店員をしていた作家。日本大学理工学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)