• 本

得する、徳。

出版社名 CCCメディアハウス
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-484-19235-2
4-484-19235-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 220P 19cm

商品内容

要旨

経済記者が書くこれからの新しい徳の積みかた―信用がカネに取って代わる社会を泳げ。

目次

はじめに ロシアンパブと論語と私
第1章 信用社会の到来―テイクを考えるな。ギブ、ギブ、ギブ!
第2章 偉人の「徳」に学ぶ―徳、徳、徳!会社と社会に寄与せよ。
第3章 会社は誰のモノなのか―カネを出したら、俺のモノ、でもない…。
第4章 なんのために働くのか―自分はどうしたいのか。我々はどう生きるのか。
おわりに 「徳」消費社会をよく生きる

おすすめコメント

「会社」は誰のもので、「働く」のはなんのためかを問い直す。社会課題の解決がビジネスに直結する未来、物を言うのは「徳」の高さだ。シェアリングエコノミーが普及し、国連が「持続可能な開発目標」を掲げる現在は「信用」重視の時代だ。しかし、多くの人は会社員として利潤を追求する、つまり自己中心的な振る舞いが求められるのもの事実。ではどうすればビジネスパーソンとして幸せに生きられるのか。過去の経営者の事例、いま成功している経済活動から紐解く。

著者紹介

栗下 直也 (クリシタ ナオヤ)  
1980年生まれ、東京都出身。横浜国立大学大学院国際社会科学研究科経営学専攻修了。経済記者のかたわら、書評サイト「HONZ」や週刊誌、月刊誌などでレビューを執筆。書籍構成も手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)