• 本

SAS英陸軍特殊部隊 世界最強のエリート部隊

出版社名 並木書房
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-89063-393-7
4-89063-393-6
税込価格 1,980円
頁数・縦 169P 19cm

商品内容

要旨

1980年の駐英イラン大使館占拠事件で鮮烈なデビューを飾ったSASは世界で最も知られる特殊部隊となり、いまも世界の特殊部隊のリーダー的な存在である。フォークランド戦争以降の主要作戦から対テロ戦まで、成功事例だけでなく、失敗例や失策にも言及しながら、SAS連隊の実像に迫る!さらにイラクとアフガニスタンで実績をあげた米統合特殊作戦コマンドとの密接な協同作戦についても詳述。作戦中のSAS連隊をとらえた珍しい写真が数多く掲載され、今まで目にすることのなかったSASやほかの英特殊部隊の戦闘服や装備品、車両や武器を再現したイラストも収録した軍事ファン必読の書!

目次

第1章 SASの編制と隊員の選抜
第2章 伝説が生まれた日
第3章 IRAとの死闘
第4章 湾岸戦争(1990〜1991年)
第5章 バルカン半島への派遣(1994〜1999年)
第6章 シエラレオネでの人質救出(2000年)
第7章 アフガン戦争1(2001〜2006年)
第8章 イラク戦争(2003〜2009年)
第9章 アフガン戦争2(2006〜2014年)
第10章 SASの兄弟部隊
第11章 SASの小火器

著者紹介

ネヴィル,リー (ネヴィル,リー)   Neville,Leigh
アフガニスタンとイラクで活躍した一般部隊と特殊部隊ならびにこれら部隊が使用した武器や車両に関する数多くの書籍を執筆しているオーストラリア人の軍事ジャーナリスト。戦闘ゲームの開発とテレビ・ドキュメンタリーの制作において数社のコンサルタントを務めている
床井 雅美 (トコイ マサミ)  
東京生まれ。デュッセルドルフ(ドイツ)と東京に事務所を持ち、軍用兵器の取材を長年つづける。とくに陸戦兵器の研究には定評があり、世界的権威として知られる
茂木 作太郎 (モギ サクタロウ)  
1970年東京都生まれ、千葉県育ち。17歳で渡米し、サウスカロライナ州立シタデル大学を卒業。海上自衛隊、スターバックスコーヒー、アップルコンピュータ勤務などを経て翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)