• 本

新聞連載小説の挿絵でみる近代日本の身装文化

出版社名 三元社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-88303-500-7
4-88303-500-X
税込価格 11,000円
頁数・縦 461,51,16P 26cm

商品内容

要旨

明治から昭和前期の日本人の身装“身体と装い”の変容を、膨大な挿絵から読み解いていく。当時、大衆に愛された新聞連載小説の挿絵には、高価な写真機の被写体にはなり得なかった「日々のすがたと暮らし」が活写されている。服装、髪型にとどまらず、人々をとりまく環境、情景、美意識など、人の「装う心」を主軸とした日常のありさまの移り変わりを、絵でみて体験できる一冊。

目次

解説 身装資料としての新聞連載小説の挿絵―明治・大正・昭和前期
主題別にみる日本人のすがたと暮らし(必需の数々
身繕い
日々の情景
情態)
年代順にみる日本人のすがたと暮らし(明治(一八六八〜一九一一年)
大正(一九一二〜一九二六年)
昭和(前期)(一九二七〜一九四五年))
資料(初期の新聞小説挿絵画家一覧
身装資料としての挿絵つき主要新聞小説年表(1888〜1945年))

著者紹介

大丸 弘 (ダイマル ヒロシ)  
1933〜2017。横浜生まれ。国立民族学博物館・総合研究大学院大学名誉教授。東京大学文学部美学・美術史学科卒。関西女子美術短期大学、大阪樟蔭女子大学を経て、1979年より国立民族学博物館に勤務し助教授、教授を経て、1996年に定年退職。1979〜1995年度まで国立民族学博物館大丸研究室にて、現“服装・身装文化資料デジタルアーカイブ”をMCDプロジェクト代表として構築、公開
高橋 晴子 (タカハシ ハルコ)  
1948〜。神戸生まれ。国立民族学博物館外来研究員およびMCDプロジェクト代表。神戸親和女子大学文学部英文学科卒。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程文化表現論修了。大阪樟蔭女子大学衣料情報室にて服装・ファッション情報サービス活動に従事し、国立民族学博物館大丸弘研究室(1996年〜久保正敏研究室が引き継ぐ)とともに“服装・身装文化資料デジタルアーカイブ”を構築・公開し現在に至る。2001年より大阪樟蔭女子大学学芸学部講師、助教授、教授、国立民族学博物館文化資源研究センター客員研究員、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター招聘教授を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)