• 本

東京の美しい本屋さん

出版社名 エクスナレッジ
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-7678-2703-2
4-7678-2703-5
税込価格 1,760円
頁数・縦 155P 21cm

商品内容

要旨

ずっといたくなる、宝物のような本屋たち。ちょっとした非日常へ飛び込もう個性豊かな本屋さんの内側を美しい写真と共に紹介!

目次

ROUTE BOOKS(上野)―植物に囲まれた多機能空間
TIMELESS(西荻窪)―時を越えて受け継がれるもの
松庵文庫(西荻窪)―築90年の古民家で過ごす唯一無二の時間
Books and Modern+Blue Sheep Gallery(乃木坂)―モダンアートの世界に深く入り込む
Galerie LIBRAIRIE6シス書店(恵比寿)―芸術家の書斎に迷い込む
KAIDO BOOKS&COFFEE(北品川)―日本全国からやってきた「特別」がある
Under the mat(中目黒)―「居心地良さ」を育てていく場所
パン屋の本屋(日暮里)―みんなにとって大切な「街の本屋さん」
BIBLIOPHILE(六本木)―本とインテリアの組み合わせを楽しむ
book obscura(吉祥寺)―「写真集」の奥深い魅力に気づく〔ほか〕

おすすめコメント

もはや住みたい。 本のある空間が美しく、何時間でも居たくなる33の本屋さん巡り東京に静かに佇む本屋さん。その魅力はブックセレクトはもちろんのこと「何時間でも居たくなる場所」 「こだわり抜いた書棚」「スタイルのあるインテリア」など、数え切れない空間の魅力によって形づくられています。 本書ではディスプレイや内装などに注目し“空間づくりとインテリア”をテーマに33軒の本屋さんをご紹介。 店主やお客さんにまつわる物語を知れば、お店がいっそう愛おしくなる。 本のある暮らしのヒント満載の、新しい本屋さんガイド&写真集です。

著者紹介

田村 美葉 (タムラ ミハ)  
1984年生まれ。金沢市出身。東京大学文学部卒(美学藝術学専修)。エスカレーターマニア。大学入学を機に上京して以来、都会の景色に魅了され、エスカレーター専門サイト「東京エスカレーター」を立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)