• 本

サルトルのプリズム 二十世紀フランス文学・思想論

出版社名 法政大学出版局
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-588-13029-8
4-588-13029-3
税込価格 3,850円
頁数・縦 373,5P 19cm

商品内容

要旨

膨大な著作や画期的な論争によって、二十世紀フランスを代表する哲学者・知識人となったサルトル。世界大戦がもたらした実存の虚無に想像力で立ち向かった作家は、同時代人との友情・競合関係を通じていかにその特異な思想と文体を創造しえたのか。サルトル研究の第一人者が、伝記や自伝、イメージ論や文体論、同性愛などのテーマに着目し、一つの時代を多面的に浮き彫りにする。

目次

第1部 同時代を生きること(世代の問題を出発点として
他者の現象学―プルーストを読むサルトルとレヴィナス
両大戦間期パリ―ロシア系哲学者たち、九鬼周造とサルトル
シュルレアリスムとエグゾティスム―ブルトンとサルトル
神秘主義をめぐって―バタイユとサルトル
人間と歴史をめぐって―レヴィ=ストロースとサルトル
いかにして共に生きるか―サルトルとバルト
集団、主体性、共同体―六八年五月とサルトル、トゥルーズ=ガタリ、ブランショ
詩人ポンジュを読む二人の哲学者―デリダとサルトル)
第2部 サルトルの提起する問い(イメージ論とは何か―不在の写真をめぐって
文学と哲学の草稿研究―『カルネ』を中心に
同性愛とヒューマニズム―実存主義のジェンダー論
作家・哲学者にとってスタイルとは―文体論をめぐって
自伝というトポス)

著者紹介

澤田 直 (サワダ ナオ)  
1959年東京生。立教大学文学部教授。パリ第1大学博士課程修了(哲学博士)。フランス語圏文学・現代思想。訳書にベルナール=アンリ・レヴィ『サルトルの世紀』(共訳、藤原書店、第41回日本翻訳出版文化賞)、フィリップ・フォレスト『さりながら』(白水社、第15回日仏翻訳文学賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)