• 本

テンバガー超有力銘柄20&注目銘柄77 2020株バブル!10倍株量産の予感!

出版社名 彩流社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-7791-2646-8
4-7791-2646-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 203P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

最強の買いサインがトリプルで点灯!中小型株急騰相場到来!30超の指標が1999〜2000年ITバブル前夜と一致!ITバブル⇒1年間で10倍以上37銘柄、4倍以上128銘柄、2倍以上458銘柄。10倍株発掘のエキスパートが発掘ポイント、有望銘柄を徹底指南!

目次

第1章 2020急騰相場で10倍株・大化け株量産の予感(10倍株発掘と量産のコツ
最強の買いサインがトリプルで点灯!相場サイクルを見極める ほか)
第2章 1999年の10倍株から学ぶ発掘ヒント(会社四季報(99年春号)で買うならどっち!?
1999年の数か月〜1年でテンバガーになった37銘柄! ほか)
第3章 テンバガー超有力銘柄20&注目銘柄77(個別銘柄はアベノミクス相場開始以来の、割安株・大量出現中!
2020期待の9テーマの視点から銘柄を絞る ほか)
第4章 利下げ・株高局面で活かす景気の読み方と投資の知恵(景気の読み方の基本は、中学校の公民でみんな習っている
金利は経済・景気のすべてを動かすコントローラー ほか)
最終章 投資戦略2020&将来に向けて自分目線の投資を(感や勘は一切排除し、「観」で投資に合理性を持たせる
今後の相場展望と株で勝つための投資戦略2020 ほか)

おすすめコメント

コロナ禍で、個人は、企業は、いま何をすべきか。DXトップコンサルタントが、10年後の世界で生き残るためのDX(デジタル・トランスフォーメーション)推進ポイントを徹底解説!【内容紹介】● 10年後はこんな世界になっている ● DXの戦略的な意味● 現状の延長でDXに取り組むと失敗する ● DX時代の資本政策● 改善でも変革でもない。求められるのは創造● 既存事業と切り離し、全く新しく作る● 社内ベンチャーかスタートアップか ● スタートアップの成長に乗る● 既存事業でDXをやるべきでない理由● それでもやるなら延命措置と位置づける ● 事業の世代交代を考える

著者紹介

朝香 友博 (アサカ トモヒロ)  
成長企業アナリスト/投資家。投資ブログ「『大化け株投資』のすすめ」を主宰。立教大学法学部卒業後、国会議員秘書、上海交通大学留学を経験。その後、米国の産業PR会社に入社。セールスディレクターに昇進。その後、友人とファンド設立。さらに、ITマーケティング会社を創業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)