• 本

日本と世界の学力格差 国内・国際学力調査の統計分析から

シリーズ・学力格差 1 統計編

出版社名 明石書店
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-7503-4877-3
4-7503-4877-5
税込価格 3,080円
頁数・縦 241P 22cm

商品内容

要旨

学力格差の実態を統計を用いて明らかにする。国際学力調査PISA・TIMSSと、日本の自治体で実施された学力調査を徹底的に解析。

目次

第1部 学力研究のシステマティックレビュー(学力研究のシステマティックレビュー国内編
学力研究のシステマティックレビュー国際編)
第2部 国際学力調査を利用した日本の学校教育の分析(TIMSS2015データを用いた10カ国の教育比較
階層による学校間格差の国際比較―学力・職業観・学習姿勢・学習習慣
学力格差の拡大・縮小に関する分析)
第3部 X市のデータを利用した学力格差の実態分析(学力の階層差とその経年変化の動態―潜在曲線モデルを用いた分析から
中学生における進学アスピレーションの階層間格差
階層と学力―社会関係資本の多寡と効果に着目して
多重対応分析による子育て空間の分析
Rを用いたPISA・TIMSSの分析)

著者紹介

志水 宏吉 (シミズ コウキチ)  
所属、大阪教育大学講師、東京大学助教授などを経て、大阪大学大学院人間科学研究科教授。専門、教育社会学・学校臨床学
川口 俊明 (カワグチ トシアキ)  
所属、福岡教育大学教育学部准教授。専門、教育学・教育社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)