• 本

文化情報学事典

出版社名 勉誠出版
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-585-20071-0
4-585-20071-1
税込価格 19,800円
頁数・縦 832P 22cm

商品内容

要旨

コンピューターの進歩によりデジタル情報の利用が加速し、感性が重視される文化の領域でも、文化資産をデジタル化し、保存・管理や記録・調査・展示などを行う技術が進歩している。またデータサイエンスや統計を用いた分析法の発展もめざましい。文化という縦糸を、データサイエンスという横糸で編みあげる文理融合型アプローチの集大成。

目次

A 領域篇(文章・文献
言語
考古・歴史
人文地理
文化・芸術
身体文化・行動計量
コンピューター・情報)
B データ分析篇(データ分析の基礎
量的分析法
質的分析法)
C 分析用ソフト

著者紹介

村上 征勝 (ムラカミ マサカツ)  
統計数理研究所名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、元同志社大学文化情報学部長。工学博士。専門は計量文献学、統計学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)