• 本

つれづれ草

批評の小径

出版社名 水声社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-8010-0368-2
4-8010-0368-0
税込価格 3,080円
頁数・縦 290P 20cm

商品内容

要旨

新たな秘密の言語を発明しようとしたスルタン、あらゆる雌イノシシに自らの祖母の名をつける勢子、空想のレシピに興じプロの料理人まがいのフランス人捕虜たち、数の語彙をもたぬアマゾンのピダハン族、この世の果てへとたどり着いた松尾芭蕉、幻想から生み出されたわが兄…。

著者紹介

マセ,ジェラール (マセ,ジェラール)   Mac´e,G´erard
1946年、パリに生まれる。詩人、写真家
桑田 光平 (クワダ コウヘイ)  
1974年、広島県府中市に生まれる。東京大学大学院博士課程満期退学。パリ第四大学文学博士。専攻、フランス文学・芸術論。現在、東京大学大学院総合文化研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)