• 本

その通りになる王道日本、覇道中国、火道米国

扶桑社新書 316

出版社名 扶桑社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-594-08238-3
4-594-08238-6
税込価格 1,210円
頁数・縦 439P 18cm

商品内容

要旨

米中の衝突は覇道と火道のぶつかりだ。日本のぼくらは、いかなる道を往くのか。予言の書、ここに甦る。

目次

第1部 夜明け(プライド
世界を決める一〇のプレーヤー ほか)
第2部 カオス(偽装の北京オリンピック
「これはアホウではないですか」 ほか)
第3部 国境崩壊(つくられた憎しみ
崩壊するトリックスター ほか)
第4部 連帯(高僧からの書き込み
本来の目的に集中する ほか)
第5部 ザ・ゲンバ(逃げない
侵されつつある島 ほか)

出版社・メーカーコメント

青山繁晴氏『日中の興亡』に続くベストセラー『王道の日本、覇道の中国、火道の米国』が大幅加筆修正を経て新書化された。世界の覇権を握ろうと野望を隠そうともしない中国とそれを阻止しようとする米国。この危機に対して、日本がどう立ち向かうのかを説く必読の一冊。

著者紹介

青山 繁晴 (アオヤマ シゲハル)  
作家、参議院議員。1952年、神戸市生まれ。慶大文学部中退、早大政治経済学部卒業。共同通信記者、三菱総合研究所研究員を経て、2002年、株式会社独立総合研究所を創立し、代表取締役社長・兼・首席研究員に就任。2016年、参議院議員に当選し、現職。「日本の尊厳と国益を護る会」代表幹事。東大と近畿大で教鞭も執る。FM音楽番組「オン・ザ・ロード」でDJ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)