• 本

天使は黒い翼をもつ

扶桑社ミステリー チ2−1

出版社名 扶桑社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-594-08359-5
4-594-08359-5
税込価格 1,078円
頁数・縦 317P 16cm

商品内容

要旨

ホテルで抱いた女は、三日して部屋を出るとき、俺と一緒だった。最初は、南へ向かう旅の途中で捨てるつもりだった。だが、「悪い金なんてない」と言い放つ女には見るべきものがあった。俺には計画があった。一緒に脱獄するとき命を落とした仲間が残した、とびきりのヤマが。そして、計画には相棒が必要だ…。80年代に再発見され、「完璧なる強盗小説」と激賞された究極のノワールが、ついにそのヴェールを脱ぐ。故・小鷹信光氏が心から愛した破滅と愛憎の物語を魂に焼き付けよ!

出版社・メーカーコメント

故・小鷹信光氏がこよなく愛した、忘れられたノワールの傑作が、ついにそのヴェールを脱ぐ!!巻末に、評論家・吉野仁氏による18頁に及ぶ渾身の解説付き!M・A・コリンズ、バリー・ギフォード、ビル・プロンジーニ他、各氏絶賛!ホテルで抱いた女は、三日して部屋を出るとき、俺と一緒だった。最初は、南へ向かう旅の途中で捨てるつもりだった。でも「悪い金なんてない」と言い放つ女には見るべきものがあった。俺には計画があった。一緒に脱獄するとき命を落とした仲間が残した、とびきりのヤマが。そして、計画には相棒が必要だ……。80年代に再発見され、「完璧なる強盗小説」と激賞された究極のノワールが、ついにそのヴェールを脱ぐ。故・小鷹信光氏が心から愛した破滅と愛憎の物語を魂に焼き付けよ!

著者紹介

チェイズ,エリオット (チェイズ,エリオット)   Chaze,Elliott
1915年ルイジアナ州生まれ。従軍時は日本の占領軍に参加。戦後、作家として活動を開始し、1953年に発表した『天使は黒い翼をもつ』でゴールド・メダル・ペイパーバック賞を受賞。その後、コラムニスト、ジャーナリスト、編集者として活躍したのち、1980年代にはミステリーの執筆に復帰した。1990年、74歳で死去
浜野 アキオ (ハマノ アキオ)  
1961年、宮城県生まれ。京都大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)