• 本

ゲームを動かす技術と発想R

出版社名 ボーンデジタル
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-86246-467-5
4-86246-467-X
税込価格 2,970円
頁数・縦 351P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ゲームが実行している間、どのようなことがゲーム機の中で行われているか。またアニメーションや3Dとは一体どのようなものなのか。分かりづらい数学や物理の理論をわかりやすい解説とイラストで解説しています。プログラマーだけでなく、ゲームデザイナーやアーティストにも必読の内容になっています。

目次

1 基本の話
2 メモリとストレージ
3 CPUとGPU
4 数値表現×演算
5 3Dグラフィックスの数学
6 アニメーション
7 3Dグラフィックス〜頂点
8 3Dグラフィックス〜ポリゴン、ピクセル、テクスチャ
9 3Dグラフィックス〜シェーダー、高速化
10 ゲームプログラミングの物理学

著者紹介

堂前 嘉樹 (ドウマエ ヨシキ)  
1998年愛知工業大学を卒業後、ゲームメーカー数社を経て2008年にバンダイナムコゲームス(現バンダイナムコスタジオ)に入社。鉄拳シリーズでメイングラフィックプログラマーとして活躍する傍ら執筆も手掛け、2012年には『ゲームを動かす技術と発想』(CEDEC2013著述賞)を出版。2014年に同社を退社しフリーランスを経てロジカルビートを設立。代表として指揮を取りつつ数々のゲームのプログラミングに携わり、講演や執筆活動にも精力的に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)