• 本

超雑談力 人づきあいがラクになる誰とでも信頼関係が築ける

出版社名 ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-7993-2578-0
4-7993-2578-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 206P 19cm

商品内容

要旨

「どうして?」より「どうやって?」と聞く。「あいうえお」でリアクションする。天気の話や時事ネタはNG。超カンタンな話し方のコツ満載!

目次

1章 基本の7ルール―これさえ知れば怖くない!(×がんばっておもしろい話をしようとする ○ただ会話のラリーを続ける
×情報交換をする ○気持ちをやりとりする ほか)
2章 初対面編―もう緊張しない。ドギマギしない。(×「はじめまして」と話し始める ○「こんにちは」と話し始める
×「同じ名前の知人がいる」と盛り上がる ○名前の由来を尋ねる ほか)
3章 知人/飲み会編―人づきあいがラクになる!(×「それはね…」とアドバイスをする ○「そうだね…」と共感する
×見切り発車で話し始める ○「オチはないけど」と最初に言ってしまう ほか)
4章 職場/ビジネス編―小さな会話が信頼につながる(×友達のような対等な関係で話す ○先生と生徒のような上下関係で話す
×得意なジャンルを持つ ○得意な視点を持つ ほか)

出版社・メーカーコメント

微妙な関係の人と、気を使いながら、なんとなく話さなくちゃいけない「雑談」。 苦手、うまくいかない、ストレスという人も多いでしょう。 なぜ、「雑談」は難しいのでしょう? それは、「雑談は、普通の会話とは、まったく違うから」です。 だから、難しくて当たり前。 たいていの人は、 1友達や仲のいい人との、気を使わない、楽しいおしゃべり 2仕事の場面で、きちんと話す、大人としての会話 この二つくらいしか、話し方のバリエーションを持っていません。 ですが、雑談は、このどちらでもない「第3の会話」です。 だから、ほとんどの人が失敗する。どちらかのやり方で、適当にやろうとするから、うまくいかない。 では、どうすればいいか。 「雑談に適した話し方=雑談力」を身につければいいだけです。 本書にまとめたいくつかのカンタンなコツを実践すれば、雑談はうまくいきます。 NG例とOK例をフムフムと読み進めれば、いつの間にか「雑談の超人」になり、気詰まりな相手とも。 大事な相手とも、うまく話せます。話がはずむ。盛り上がる。 テレビやラジオで活躍する“コミュニケーションの達人"が教える、 超雑談力7つのルール+場面別のコツが満載。明日から使える一冊です。 さぁ、一生モノの雑談力を身につけましょう。 ◎あなたはどっち?雑談の凡人/達人 ×おもしろい話をしようとする ◯ 会話のラリーを続ける ×天気の話や時事ネタを話す ◯ エピソードや経験談を話す? ×「さ・し・す・せ・そ」であいづちを打つ ◯ 「あ・い・う・え・お」でリアクションする? ×飲み会で仲良くなる ◯ ランチ・お茶で仲良くなる