• 本

俺の歯の話

出版社名 白水社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-560-09738-0
4-560-09738-0
税込価格 3,080円
頁数・縦 214P 19cm

商品内容

要旨

「世界一の競売人」が、教会の資金集めオークションにかけたものとは?現実とフィクションを融合させ、読者を煙に巻き、思わぬ結末へと導く。

おすすめコメント

世界一の競売人の「俺」がオークションにかけたものとは? 読者を煙に巻き、思わぬ結末へと導く、メキシコ出身の新鋭による異色作。

著者紹介

ルイセリ,バレリア (ルイセリ,バレリア)   Luiselli,Valeria
1983年メキシコ市生まれ。幼少期をコスタリカと韓国で過ごし、南アフリカを経てメキシコに帰国。メキシコ国立自治大学卒業後、コロンビア大学博士課程で比較文学を学ぶ。2010年、初のエッセイ集Papeles Falsosを、翌2011年には初の中篇小説Los ingr´avidosをメキシコで刊行。2013年に同じくメキシコで出版された小説La historia de mis dientesは、その実験的作風からスペイン語圏では大きな反響を呼ばなかったが、クリスティーナ・マクスウィーニーとの共訳により英語版The Story of My Teethとして2015年に刊行された本書は、同年の「ニューヨーク・タイムズ」紙の「注目の100冊」と「ロサンゼルス・タイムズ」紙文学賞に選出、同年の全米批評家協会賞および2017年度IMPACダブリン文学賞の最終候補作に選ばれ、10以上の国で翻訳されている。2017年に刊行したTell Me How It Ends:An Essay in 40 Questionsは、同年の全米批評家協会賞の最終候補作に選ばれ、2018年度米国図書賞を受賞。2017年には全米図書賞の選考委員も務めた。2019年、「天才賞」とも呼ばれるマッカーサー奨学金を取得
松本 健二 (マツモト ケンジ)  
1968年生まれ。大阪大学言語文化研究科准教授。ラテンアメリカ文学研究者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)