• 本

人間水域

祥伝社文庫 ま10−1

出版社名 祥伝社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-396-34596-9
4-396-34596-8
税込価格 880円
頁数・縦 444P 16cm

商品内容

要旨

前衛水墨画の旗手として、一躍脚光を浴びた久井ふみ子は、ライバル滝村可寿子を蹴落とし、画壇の頂点を目指す。そして、金の力に頼り、権力にすり寄っていく策略は見事、成功したかにみえた。だが、ある日、葬ったはずの過去からの復讐が、ふみ子を待ち受けていた―。格調高い芸術の世界を舞台に、渦巻く愛欲と陰謀を浮き彫りにした、巨匠松本清張の傑作サスペンス!

著者紹介

松本 清張 (マツモト セイチョウ)  
明治42年(1909)、福岡県生まれ。処女作「西郷札」が直木賞候補となり、昭和28年(1953)に「或る『小倉日記』伝」で芥川賞受賞。昭和33年(1958)の『点と線』は、「社会派推理小説」のブームを招来した。ミステリーから、歴史時代小説、そして歴史の論考など、その旺盛な執筆は多岐にわたり、生涯を第一線で過ごした。平成4年(1992)、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)