• 本

ニッポン神様ごはん 全国の神饌と信仰を訪ねて

出版社名 青弓社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-7872-2086-8
4-7872-2086-1
税込価格 2,200円
頁数・縦 166P 21cm

商品内容

要旨

米、酒、塩、餅などの定番、七草、里芋、ウド、鹿肉に鮮魚、どぶろく、お菓子―各地に古くから伝わる神様の食事である神饌を訪ねて、信仰や伝統文化、その担い手の人々の息づかいをカラー写真とともに紹介する。

目次

序章 神々の食「神饌」
第1章 若菜パワーで鬼退治―貴船神社の若菜神事(京都府京都市)
第2章 村人みんなで神饌作り―老杉神社のエトエト(滋賀県草津市)
第3章 里芋の神饌を担いて氏神様へ―茂名の里芋祭り(千葉県館山市)
第4章 古代の薬「薬草」で疫神を鎮める―大神神社の鎮花祭(奈良県桜井市)
第5章 春告げウドと鹿肉を肴にどぶろくで乾杯―御座石神社のどぶろく祭り(長野県茅野市)
第6章 海水を煮詰めて塩を作る―御釜神社の藻塩焼神事(宮城県塩竃市)
第7章 神饌を頭に乗せて行列―北白川天神宮の高盛御供(京都府京都市)
第8章 神々のお膳を運び行列がいく―吉備津神社の七十五膳据神事(岡山県岡山市)
第9章 八百年続く神と人の宴―宗像大社の古式祭(福岡県宗像市)
第10章 田の神様のごちそう膳―奥能登のあえのこと(石川県鳳珠郡能登町)

著者紹介

吉野 りり花 (ヨシノ リリカ)  
旅ライター・旅エッセイスト。鹿児島県生まれ。早稲田大学第一文学部(日本文学専修)卒業後、出版社勤務を経て、フリーランスライターに。食の民俗学をテーマに日本各地で取材を続け、日本の旅、郷土食・食文化、祭りや民俗についてのエッセーやコラムを執筆する。ほか、雑誌や会員誌で旅の文章を連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)